私は、最初の就職の際に就職エージェントを使いました。

私は、最初の就職の際に就職エージェントを使いました。資格を持っていたことから面白そうな会社を何件か紹介して頂き、そのときの希望であった、資格を生かせること、ベンチャー企業で面白そうな会社であること、給与がよいこと、を満たす会社に入社することができました。その会社に数年在籍した後、現在の会社に転職しました。以前の会社は入社直後は新鮮なこともあり、仕事も面白かったものの、その会社の将来性や不満も色々と出てきたところで、取引先から声をかけられ、その会社に就職することになりました。以前の会社に比べ、より高いポジションを任されたものの、私自分が思ったほど仕事ができず、色々と悩むことも多くなりました。また、当初は分からなかった価値観の違いや仕事に対する意識の違いなどにも戸惑うことが多くあります。しかしながら以前の会社は私が思ったとおり、業績不振に陥りオーナーチェンジが頻繁に行われ、退職したこと自体は間違いではなかったです。次の転職の際には、今よりも自分にあったところに転職したいと考えています。