転職をする際にまず気を付けたいのが、今いる会社を先にやめないことです。

転職をする際にまず気を付けたいのが、今いる会社を先にやめないことです。転職先は、何故転職したいのか、何故今の会社を辞めたいのかをとても気にします。在籍していれば、ステップアップしたいとか、ギャラをアップさせたいとか理由はいくらでも作れますが、すでにやめてしまってからだと何を言っても悪い言い訳に聞こえてしまいます。また、こらえ性がないと言うか、後先を考えない人なのかなと言う印象を持たれてしまいます。在籍していられるうちは在籍しておいた方が転職活動は絶対やりやすいです。
転職活動としてまず利用するのが、エージェント登録か、ウェブの転職サイトです。まずはエージェントに登録しましょう。比較的良い会社は公募せずに、エージェントを使うことが多いです。1番いいのは同業他社の知り合いがいることですが、求人情報はトップ案件なのでなかなか下っ端まではまわってきません。がわたしの今までの転職経験からすると知り合いに紹介してもらうのが1番です。
簡単なのはリクナビやマイナビなどの転職サイトです。長いこと見ていると気がつきますが、ずーっと求人を募集していたり、3ヶ月や半年に1度、定期的に求人をかけている会社があります。
これは要注意企業で、要するに定着率が悪いわけです。いくら採用してもすぐひとが辞めてしまう。会社内に問題があるとしか考えられません。
往々にしてありがちなのが、社長が創業社長でおそろしくワンマン、または役に立たないお局様や古株が先輩風を吹かせて、新入社員を叩き続ける、のふたつです。
わたしの経験がどなたかのお役に立つことを祈っております。